フィリピン就職~保険について~

フィリピン就職~保険について~

皆さんこんにちは

GENSAI Career Consulting Corpの松永です。

最近おかげさまでフィリピン就職を希望する方からお問い合わせが増えております。

今はマイナーなフィリピン就職ですがこれから沢山の日本人の方がフィリピンで働き自分の可能性を広げていただければ幸いです。

さて、お問い合わせが増える中で就職後の保険はどのようにすればいいか、との質問が増えてまりました。
フィリピンでもこちらで入れる保険や海外旅行保険を使うなど様々な方法がありますのでご紹介していきます。

1.海外旅行保険に加入。

 

留学や旅行の際にもよく利用されるております。大きい病院ではほとんどの場合キャッシュレスで治療が受けられます。物品の盗難などにあった場合でもカバーされるので広い範囲で手厚い補償を希望される方に人気です。
ただ労働ビザを取った後は少し費用が高くなるため(旅行者用ではなく駐在員用の保険金額となるため)一年目のみ加入し、それ以降はローカルの保険に切り替えるのもおすすめです。
また企業によっては福利厚生の一環で海外旅行保険が含まれている場合もあります。

 

2.ローカルの保険に加入

 


フィリピンにもたくさんの保険会社がありますが会社によって補償内容は様々です。

日本のように広範囲の補償がある保険会社は少ないですが、中にはかなり充実した補償内容の会社もあります。

たとえば月額6000円から10000円くらいで入院した際にほぼ全額補償してくれる内容のものや、追加費用を払えば歯の治療費もカバーしてくれるものなど、こちらで生活していく分には十分な内容となっております。
(GENSAI Career Consulting Corpでは就職した際、保険会社の情報をお知らせするサポートも行っております

 

3.日本の国民健康保険に加入。

こちらはあえて住民票を抜かず国民健康保険に加入したままの状態にしておく方法です。
フィリピンで治療を受けその後日本に帰った後請求といった形になります(7割が返還されます)。
ただこの方法の場合は手続きに時間がかかるのと診断書を翻訳してくれる病院に行く必要があります。
あまりおすすめの手段ではありませんが参考までにお知らせさせていただきました。

ただ定期的に日本に帰国し日本の病院で治療を受けられる方は住民票を抜かずいつでも国民健康保険を使用できる状態にしておいた方がいいでしょう。

 

いかがでしょうか?

色々な方法がありますが私個人の意見といたしましてはフィリピンのローカル保険で十分な内容かと思います。
フィリピンでは保険会社の説明も英語であるため補償範囲の説明を受ける時も知らない単語が出てきたり勉強になることが多いです。

異国の地で生活するということは手間がかかることもありますが、その半面得られることもとても多いです。

皆さんもフィリピン就職にチャレンジしてみませんか?

GENSAI Career Consulting Corpは登録、相談、案件紹介などすべて無料で、みなさまの転職やキャリアアップをサポートいたします。

お気軽にご相談ください。