フィリピンで日本の食材

フィリピンで日本の食材

皆さんこんにちは。

GENSAI Career Consulting Corpの松永です

今回はフィリピン就職者が気がかりな「日本の食材」についてご紹介いたします。

ほとんどの現地採用者の方は就職の内定が出ると、日本に一度帰国し身支度を整えてこられます。

その際に日本から沢山食材を持ってこられる方がおりますが、実はフィリピンでも日本の食材を購入することができます。

「フィリピンでは手に入らないと思っていた」

とおっしゃる方がいましたので写真と一緒にご紹介いたします。

フィリピン就職を果たされた多くの方はマニラのマカティやボニファシオといったビジネス街の近くに住まれるケースが多いですが、そのような地区では比較的簡単に日本の食材が手に入ります。


調味料など日本とほとんど変わらない品ぞろえです。自宅で自炊される方には心強いかと思います。

レトルト食品やカップ麺も販売しております


最近日本で発売されたカップヌードル抹茶味も販売されておりました。


お酒やおしんこ、漬物も売っております。日本人には欠かせませんね。


納豆や卵もありました。フィリピンで生卵を食べることは少しリスクがあります。
日本の卵であれば生でも食べられますね。


必要であれば日本の洗剤やシャンプーも購入できます。
冷凍食品があったことには少し驚きました。

 

いかがでしたか?

日本より多少値段は張りますがフィリピンの生活で日本の食材に困ることは無いでしょう。

国によっては日本の食材がほとんど手に入らないところもありますが、それに比べるとフィリピンは日本人にとってとても暮らしやすい国だと思います。

まだまだ知名度の低いフィリピン就職ですが、グローバル化の進展に伴いこれからたくさんの人がこの国で働くようになっていくと思います。

そうなるとますますフィリピンと日本の間の垣根が低くなり、日本の文化や食材がどんどんフィリピンに流れ込むようになるでしょう。

刺激的で変化に富むこのフィリピンで、一緒に働いてみませんか?

皆さんの勇気ある一歩を心よりお待ちしております。

GENSAI Career Consulting Corpでは登録、相談、案件紹介などすべて無料で、みなさまの転職やキャリアアップをサポートいたします。

お気軽にご相談ください。