ATMの使い方

ATMの使い方

皆さんこんにちは。

GENSAI Career Consulting Corpの松永です。

今回はフィリピンでのATMの使い方を紹介させていただきたいと思います。

フィリピンで働く日本人のほとんどが国際キャッシュカードを所持しております。

給料を日本円でもらっている方や日本の口座からフィリピンでお金を引き出さないといけない場合には、大変便利なアイテムです。

ですので、フィリピン就職または長期留学を検討されている方は国際キャッシュカードを作られてから渡比することをお勧めいたします。

フィリピンでは日本で作った国際キャッシュカードがあれば、ほとんどのATMで現地のお金を引き出すことができます。もちろんクレジットカードで現金を引き出すことも可能ですが、国際キャッシュカードの場合、フィリピンのATMで日本の口座から直接お金を引き出せるという特徴があります。

※ATMの種類によっては引き出せない場合もございますので、国際キャッシュカードを作る際にあらかじめお尋ねされることをお勧めいたします。

それでは今回はBPIという会社のATMでご説明させていただきます。

 

1072 1071

ちなみにこの会社のATMでは引き出し額の上限が2万ペソ/回(約45000円)となっております。

他の会社のATMですとほとんどの場合上限が1万ペソとなっております。

フィリピンでは一回引き出すのに200ペソの手数料がかかるため長期で滞在される方にはBPIで引き出すことをお勧めいたします。

814

まずカードを挿入し、画面にTAGLISH(英語とタガログが混じったもの)とENGLISHと表示されますのでENGLISHを選択。

812

次はこのような画面が出てきます。ここではWITHDRAW(引き出し)を選択してください。

1078

次はこの画面が出てきますのでSAVINGS(預金)を選択。

805

次はレシートの有無の確認があるので必要な方はYESを選択。

1077

次は暗証番号を入力。

1075

次は金額を入力してください(ここで2万ペソ引き出した方がお得です)

 

1073

次は最初にもお伝えしたように手数料が200ペソかかることへの同意ですので、YESを選択してください。

その後お金が出てきて終了といった感じになります。

又、ペソ表記になりますが残高をみることもできます。

その場合は

1079

もう一度最初の画面に戻りINQUIRE BALANCEを選択します。
(その後のやり方はお金をおろす時の手順と同じになります)

日本では簡単なATM操作でも英語になるとだいぶ違いますね。

ただこういった環境で生活していると間違いなく英語力は伸びます。

私自身最初は一人でお金を引き出すことが出来ず語学学校の先生に付き添っていただきました。

 

フィリピン就職では、働きながら英語力も身につく一石二鳥の効果が望めます。

経済成長が著しいフィリピンで、ご自身の英語力アップやキャリアアップを目指される方々を、GENSAI Career Consulting Corpは全力でサポートさせていただきます。