フィリピンの住宅事情

フィリピンの住宅事情

GENSAI Career Consulting CorpのスタッフMatsunagaです。

フィリピンで就職したらどのような場所に住むことになるのか、という問い合わせをいただくことがあります。

そこで今回はフィリピンでの代表的な住宅の種類を紹介していきます

1、コンドミニアム

lobby

フィリピン就職をした日本人の方のほとんどがこのコンドミニアム(日本でいうところのマンション)に住みます。
特に女性の現地採用者の場合、コンドミニアムはセキュリティーがしっかりしているので人気があります。
またフィリピンの首都圏ではラッシュ時に交通渋滞が酷いため、会社から徒歩圏内で行ける物件を選ばれる方が多いです。

家賃は首都マニラのビジネス街にあたるマカティで平均2万ペソ~2万5千ペソほどです(現在のレートで言えば、約45000~55000円)。
ワンルームタイプが多いので部屋はそれほど広くないですが、ほとんどのコンドミニアムにジム、プールが付いています。また、ホテルのようなロビーや受付などがあるところも多く、東京の中心地の物件と比べるとかなり値段が安いと感じます。


2、一軒家

f2f

コンドミニアムと違い、広々とした一軒家を借りることもできます。ただし、マカティなどのビジネス街では一軒家はほとんど見られません。一方、職場が郊外にある場合は、選択肢の一つとして考えられるのもありだと思います。

セキュリティー面で言えば、サブディビジョン(住宅街)の中にある一軒家の場合、基本的にゲートに24時間のセキュリティーが常駐していますので部外者は簡単に入ることができません。

一軒家をシェアハウスとして利用されている人も多く、工夫次第では家賃をおさえることができます。
家のタイプにもよりますが、家賃は2万ペソ~4万ペソくらいが相場です。

3、アパート

822237637_1_1000x700

アパートやタウンハウスなどと呼ばれる住居もあります。このタイプは比較的フィリピンに慣れている人、現地の住民たちに溶け込みたいと考えている人が選ばれるケースが多いです。

家賃は相対的に安く、3千ペソくらいから借りることができます。ただし、当然のことながら家賃が安い家は、建物が古かったり、立地が悪かったり、不便なことも多くなります。
住居にはあまりこだわらず、家賃をおさえて生活したい人向けです。

住宅に関しては以上の3種類がメインになります。

フィリピン就職にあたり住居の不安もあると思いますがGENSAI Career Consulting Cropでは就職が決まった後の物件探しのサポートも行っておりますのでお気軽にご相談ください。