フィリピンの英語環境

フィリピンの英語環境

tagaytay taal restaurant

フィリピンは英語が公用語ですので、アジアの中では他のどの国と比べても圧倒的に英語が通じます。

市役所や郵便局などの公共機関だけではなく、レストランやホテル、さらには道端の露店やタクシーなどでも英語が通じます。

外国で生活をしていく際に、やはり「言葉の壁」が大きな問題になると思いますが、日本人は中学生の頃からある程度英語の文法や単語を学んでいるため、フィリピンはとても生活がしやすい場所と言うことができます。

フィリピンにある日系企業で働く場合、基本的に会社では「日本語」と「英語」を使うことが多いです。
日本人スタッフ同士は日本語で話し、フィリピン人スタッフと話すときは英語を使います。

みなさんが転職を考えられるときは、「キャリアアップ」が一つの目的になる場合が多いかと思いますが、その点でフィリピンは「仕事をしながら英語力をアップさせることができる国」ですので、ご自身のキャリアアップにとっても大きなアドバンテージになると言えるでしょう。

フィリピン就職を検討されている方がいらっしゃれば、ぜひGENSAI Career Consulting Corpにご相談ください。
皆様のキャリアアップにつながる就職案件をご紹介させていただきます。