フィリピン就職インタビューNo.2(Kumi)・・・

フィリピン就職インタビューNo.2(Kumi)
選択できる人生が幸せのカギ
Kumi
34歳 女性
日系企業勤務(企画室勤務・社長秘書)
Face to Face English Schoolを卒業されてから、夫婦でマニラに移住されたKumiさんのインタビューです。 日本の大手企業でキャリアを積まれていましたが、退職後フリーランスで仕事、世界一周旅行、さらにはマニラ移住という興味深い経歴の持ち主です。 彼女が求める「生き方」についても語ってくださいました。

日本での仕事のことを教えて下さい

大学卒業後は人材広告会社で約8年、営業と人事関係の仕事をしました。その後フリーランスとして約3年、Webを使った広報的な仕事に携わりました。
幼い頃は少し内向的な性格でしたが、仕事を通じて積極的に人と関わっていくことが好きになりました。

最初に働いた人材広告の会社はとても楽しく、人間関係にも恵まれて充実していました。学生時代、あまり特定のものにのめり込むことがなかったので、就職した後は「やりがいのあることが見つかった」と感じて、毎日一生懸命働いていましたね。

その後何か心境の変化があったのですか

人材広告会社で8年間を過ごした後、ふとしたきっかけで将来のことを考えるようになったのです。会社にはバリバリ働いている女性の上司がいましたが、仕事に打ち込むあまり、なんだかいつも疲れているように見えました。プライベートな時間を犠牲にして仕事に全力を注ぐことに、あまり魅力を感じられなくなってきたのです。

その後フリーランスで働いた3年間に関しても、仕事が辛いと思ったことはなかったです。自分でペースを決めて働けるし、それほどストレスも感じなかったです。けれどもその頃から「旅に出たい」という欲求がどんどん大きくなってきて…。仕事よりも旅の魅力の方が勝ってしまったという感じです。
で、結局世界一周の旅に出ることにしたのです。

どうして旅に魅力を感じたのですか?

ときどき聞かれるのですが、旅に出たくなった理由は、よくある「自分探し」とかそういったものではなかったです。旅に出る少し前に結婚したのですが、パートナーの彼も「旅に出たい」と昔から思っていた人でした。

友達から「この前どこどこの国に行ってきた」というような話を聞くたびに、「うらやましいなぁ」と思っていたのですが、あるとき自分たちと同期のカップルが世界一周に行った話を聞いて、

「自分たちと同じような境遇の人たちでも世界一周に行けるんだ」

と改めて気が付いたのです。世界一周なんて自分たちとは遠いことのように思っていましたが、「やろうと思えばできる」ということに気が付いた瞬間でした。「あの国に行ってみたい」「この国に行った友達がうらやましい」…そんなことをいつまでも考えるくらいなら、「自分たちも行ってみよう」と。

そこまで旅に引きつけられる理由はなんですか

うーん…わからないですね。うまく言えない。でも、とりあえず日本の閉ざされた空間から出たいという思いがありました。日本にいると、自分で自分の可能性を狭めているというか、「絶対無理」と勝手に決めつけてしまうんですよね。でも、その空間から外に出て、見たことのない景色を見たいと思いました。外の世界に対する憧れのようなものです。

世界一周の前に、最初にフィリピン留学に来られたのですよね

はい。世界一周の前に、まずは英語を勉強するためにフィリピンに2か月留学しました。ちょうど何年か前から「フィリピン留学って最近流行っているよね」といった話を彼としていて、どうせ旅に出るならまずは英語力を高めたいと思って。

ちなみに学生時代の英語力はどうでしたか

学生時代はあんまり勉強はしなかったですね。人材広告の会社でも英語は一切使わなかったです。ただ、旅行がもともと好きだったので、なんとか片言の英語で乗り切っていました。そういった意味では英語に対する苦手意識はあんまりなかったです。

2か月のフィリピン留学はその後の助けになりましたか

そうですね。2か月の英語留学で、ある程度英語の会話や聞き取りができるようになりました。ツアー旅行などで使う英語くらいでしたらあまり困ることはなかったです。

2か月の留学を終えて、いよいよ世界一周がスタートしたわけですね。 その旅はどうでしたか

旅自体は、たとえば世界遺産などを巡って感動することもたくさんありましたが、何より楽しかったのは世界の国々での日本人との出会いですね。自分の親の世代のような年配の方が多かったのですが、生き方がとても新鮮で、幸せそうで、「こういった生き方をしてみたい」という刺激を受けました。約一年をかけてだいたい30か国くらい回りましたが、そういった世界の国々に移住している日本人の方たちとの出会いが一番の収穫だったと思います。

世界一周が終わってから、再度フィリピン留学(当校)に来られましたが、それはどうしてですか。

一つは、もう少し英語力を伸ばしたかったからです。旅行をする分にはあまり困らなかったけれど、やっぱりネイティブの人たちと深い話をするにはまだまだレベルが足りないと感じて。
あとは、フィリピンで働くためにビジネス英語をもう少し勉強したかったからです。

当校での生活はどうでしたか

F2Fに来てよかったのは、とても実践的な英語学習ができたことです。

私の場合、ビジネスで使える英語の習得が目標でしたが、ここでは「ビジネスメールの書き方」「英語で電話の受け答え」といったことから始まり、就職活動中は「英語での面接練習」「履歴書の書き方」などの指導も受けました。また、将来のことを考えて「VISAについて英語で学ぶ」「フィリピンでの会社の立ち上げ方」など、かなり具体的なところまでつっこんで勉強ができました。

あとは、この学校に来られる生徒さんとの交流も楽しいですね。みなさん少なからず目標を持っている方が多いですし。たとえばTOEICのスコアアップであるとか、アジア就職を考えている方、旅行で英語を使いたい方など、そういった人たちとの出会いはとても刺激的でしたし、同時に「これから自分がフィリピンでできること」を考えるきっかけにもなりました。

今後はフィリピンで働いていくとのことですが、その理由は?

実は、世界一周の旅を始める前、最初のフィリピン留学のときにある程度決めていました。明るくてフレンドリーな人たちが多いですし、英語がどこでも通じるのもいいですね。あと日本から近いですし、日系企業も多く進出しているから仕事が見つかりやすい…そういった点がとても魅力的でした。

世界一周でいろいろな国を見てきても、やっぱりフィリピンがよかったと

そうですね。自分の移住先を世界一周の中で考えたりもしましたが、やっぱりフィリピンが一番でしたね。よく治安が悪いとか言われるのですが、たとえば日本人が「安全」と思っているようなスペインやイタリアなんかでもスリなどの軽犯罪が本当に多いです。

もちろん日本が一番安全なのは言うまでもないですが、他の国を見てきた経験から、どこの国でも治安が悪い地区はあるし、むしろフィリピンが他の国と比べてひどいとは思わなかったです。

あとはアメリカなどの先進国は自分たちにはあまり合わないなと。今まさにどんどん発展している真っただ中の国を、自分の目で見ながら実感したいという思いがあったので、結局フィリピンに戻ってきました。

ではこれからもずっとフィリピンに住もうと思っているのですか

そうですね。遠い将来はわかりませんが、しばらくはここで住もうと思っています。もうこちらの日系企業で就職試験を受けて、内定ももらいましたので今後はマニラで働くことになります。

でも、最終的には自分で起業したいですね。やっぱりフリーでやるのが好きですし、自分に合っていると思うので。

仕事から少し離れますが、ご自身にとって「幸せな人生」とはどういったものですか

うーん。端的にいうと、「住みたい場所に住み、やりたいことをする」ことだと思います。日本にいたときは、どうしても「仕事を辞めることなんてできない」「好きな場所に住むことなんてできない」といったようなしがらみに抑えつけられている感じでしたが、世界を旅する中でいろいろな方とお会いしていくうちに、「やろうと思えばできる」ということに気づきました。

実は日本人であるということは、本当に多くのアドバンテージがありますもんね。 日本にいればなかなか気づかないですが、たとえばVISA一つとっても、日本人であればほとんどの国に行くことができますし、日本人というだけで「やろうと思えばできる」ことが本当にたくさんある。

そうですね。自分のしたいことができるというのはとても幸せなことだと思います。昔はお金があれば幸せなのかな…と漠然と考えたこともありましたが、今は「自分で選択できる」ということが幸せなことなのだと思います。

自分の中でのモットーや信条なんかはありますか

とくに深い人生哲学なんかがあるわけではないのですが、いつも「何とかなる」という思いは持っていますね笑

根が楽観的なのかもしれないですが、これまでも何とかなってきましたし、フィリピンでもまたすんなり仕事が決まって、生きていく分には困らないですし。

現状で言えば、日本で働くよりもアジアで働く方がある意味貯金ができることも多いですよね。日系企業であれば給料もかなりいいですし、なにより物価が安い。

では、もう少し先の人生設計は何か決まっていますか

これも明確には定まっていないですが、今後も「旅をしながら暮らし、暮らすように旅をする」という生活がいいですね。

自分で自分の生き方を選択し、世界の国々で出会った日本人たちのような生き方をしてみたいです。

最後に、後悔しない人生を送るため、今後どういった取り組みをしようと考えていますか

日本に生まれたことの幸せに気づくこと、そして人生の選択をできる幸せに気づくこと、これが後悔しない人生の鍵だと思います

<後記>

「自分で選択できる人生が幸せ」という言葉にはとても賛同できました。
英語は自分自身の可能性を広げる一つのツールになりますし、「外の世界に一歩踏み出す」大きな助けになるものだと感じました。
すでに発展の陰りが見えつつある先進国ではなく、これからどんどん伸びていく国を舞台にして人生設計を立てられる行動力も素晴らしいと感じました。
アジアで働くことは、今後ますます魅力的なものになっていくと思います。
留学で培った英語力と世界を旅した経験があれば、今後も「旅をしながら暮らし、暮らしながら旅をする」という生活を実現し続けていくことができると思います。
ご健闘をお祈りします。