フィリピンでウェイクボードに挑戦

フィリピンでウェイクボードに挑戦

こんにちは。

GENSAI Career Consulting Corp.の小野寺です。

フィリピンでは、様々なマリンスポーツが楽しめます。

そこで今回は、フィリピンラグーナ州のサンタローザにある「Republic wakepark」に行き、人生初のウェイクボードに挑戦してきました!

中に入ると、常連さんたちのマイボードが並べてあります。

フィリピン人以外でも、海外からここに訪れる人も多いようです。
Republic wakeparkは施設も大きくとても人気があります。

横にはボードやヘルメットも販売しているので、これから始める人もすぐに道具を揃えることができます。

 

今回は初めてということもあり、2時間のコースで挑戦しました。2時間で475ペソ。日本円にすると約1000円。とても安いです!
これには用具の貸し出し代も含まれています。

ウェイクボードはボートに引っ張られて滑るのが一般的ですが、Republic wakeparkではワイヤーに引っ張られて滑ります。ボートと比べたら方向があらかじめ決まっているので簡単かもしれませんが、それでも初心者にはとても難しいスポーツです。

Republic wakeparkには、beginner用とprofessional用の二つのエリアが用意されています。

beginner用のところはワイヤーの引かれるスピードも遅く、コースも一直線になっています。

 

professional用はコースがぐるっと一周できるようになっていて、障害物もあります。上級者の人たちはそれを使い、回転したりジャンプなどをしていました!

 

実際にやってみると想像以上に難しかったですが、とてもエキサイティングなスポーツでした!

ぜひまた挑戦したいと思います!

フィリピン就職を果たした日本人の方もwakeparkに度々訪れるようで、新しい趣味を探している方にはとてもオススメです!

フィリピンには、ウェイクボードだけでなく、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツを楽しめる施設も沢山あります。ぜひフィリピンに来た際には挑戦してみてください!