フィリピンの住居

フィリピンの住居

こんにちは。
GENSAI Career Consulting Corp.の小野寺です。

タガイタイにはスカイランチという遊園地の近くに、SMDCのコンドミニアムがあります。

ここにはテニスコートやプールなどが併設されており、SMDCの居住者は無料でその施設を使うことができます。
テニスコートに関して言えば、東京であれば1時間使うだけで数千円の使用料がかかるところが一般的ですので、時間制限もなく使えることはフィリピンの大きなメリットです。

先日、このコンドミニアムに住んでいるGENSAIスタッフの松永さんと、実際にテニスをしに行ってきました。

実はタガイタイのSMDCには、テニスコートやプールのほかに、バスケットボールコート、フットサルコート、バドミントンコート、卓球台、ビリヤード、ダーツなど、様々なスポーツをできる環境が整っており、週末になると家族や友人と来る人で賑わいます。
道具に関しては貸し出し行っているわけではないので、ボールやラケットなどは自分たちで準備する必要があります。

ここのテニスコートはハードコートでした。

私たちがテニスコートに来た時には、先客で二人のフィリピン人がテニスをしていました。
二人はテニス友だちであり、平日でも時間がある時は練習をしているそうです。

左のフィリピンン人の方は御年72歳!日本人の年齢として考えてもかなり元気なおじいさんです。

コートを半分貸してもらい練習をしていたところ、ダブルスの試合を申し込まれました。

日差しも強い中、二人のタフさに押され、白熱した試合になりました。

語学学校の先生と話した時に、フィリピンではテニスなどのお金のかかる、また広い土地を必要とするスポーツはなかなか流行らないと言っていました。現在はバスケットボールやボクシングが、フィリピンのメジャーなスポーツとしてありますが、今後フィリピンの経済成長と共にスポーツ文化に関しても広がりを見せていくのではないでしょうか。

 

このような施設が一つのコンドミニアムに沢山あるのは、タガイタイの土地ならではかもしれません。

フィリピン就職を果たされた方には、こうしたコンドミニアムに住み、そこから通勤する方も多くいらっしゃいます。日本で仮に同じような施設がついている住宅に住むとしたら相当な家賃がかかると思われますが、このコンドミニアムに関していえば、家賃は約4万円前後となっています。

企業様によっては、給料にさらに家賃補助が付いているところもあるため、日本よりも安く贅沢な生活ができるということもフィリピン就職の大きな強みです。

GENSAIでは、お客様のフィリピン就職支援、相談も承っております。

是非お気軽にご相談ください!