フィリピン就職〜雨期の過ごし方〜 - フィリピン就職のことならGENSAI|無料フィリピン就職相談

フィリピン就職〜雨期の過ごし方〜

フィリピン就職〜雨期の過ごし方〜

こんにちは。

GENSAI Career Consulting Corpの松永です

現在フィリピンでは雨季のシーズンですがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
(日本は猛暑だと聞いておりますが、タガイタイは標高が高く日中は22℃くらいで非常に過ごしやすい気候です。ただ、霧がよく発生するので運転には注意が必要です)

さて今回はジメジメした雨季のシーズンをフィリピンではどう快適に過ごすかご紹介させていただきます。

1.映画鑑賞
フィリピンのモールにはほとんどの場合映画館が入っております。
値段も200〜300P(日本円で500円から700円)なので、日本と比べるとかなりお得な料金で映画を見ることができます。
ハリウッド映画の公開が非常に早く、日本ではまだ見ることができない映画もフィリピンでは一足先に見ることができます。
またフィリピンの映画館では持ち込みが自由なのでお菓子を持ち込むこともできます。
(もちろん映画には字幕がありませんので、英語の練習にはうってつけです。)

2.スポーツジム
日本人就職者がたくさん住んでいるマカティやボニファシオといった地区のコンドミニアムにはジムがついている場合が多いので、雨の日でも体を動かすことができます。
また最近ではローカルジムが街中にたくさんできてきました。一日200円くらいで利用が可能です。会員になると1か月で1000円以下のところが多いので、これも非常に嬉しいですね。

フィリピンのジムではボクシング、ムエタイなどのジムも兼ね備えているところもあり。格闘技をやっていた方はフィリピンで続けることも可能です。

3.カジノ
先日もご紹介しましたが、カジノも室内の遊びとしては人気です。
カジノによっては小額からベットできるところも多く、気軽に楽しむことができます。
また軽食やアルコールなどのドリンクが無料のところもあり、ついつい長時間滞在してしまいます。
最近ではカジノだけではなく、アミューズメントパークやフードモールなどを併設するタイプが増えてきて、家族連れでも楽しめるレジャー施設になってきています。

4.サウナ
フィリピンでは韓国の文化が多く入ってきているため、韓国式サウナ(銭湯)も街ではよく見かけます。
またコンドミニアムの中にプール、ジム+サウナが完備されているところもあります。
マッサージも一緒に受けることができるので、雨の日はゆっくり体を休めるのもいいですね。

 

いかがでしたでしょうか?
雨季のシーズンでも室内で楽しめることはたくさんあります。
日本とは異なる文化に触れることは自分自身の経験値を高めることにもつながりますし、何より物価の安いフィリピンではあまりお金を使わずいろいろなことができるのも魅力です。
皆さんもフィリピンで働いてみませんか?

GENSAI Career Consulting Corpは登録、相談、案件紹介などすべて無料で、みなさまの転職やキャリアアップをサポートいたします。
お気軽にご相談ください。